本日6日目の午後は、近くの公園でホストファミリーから提供されたマクドナルドのランチを皆で食べ、元メジャーリーガーカヨコーチとパドレスのスカウト、ジェイコブコーチからの最後の指導を受けました。指導の前には、カヨコーチが現役時代に着ていたユニフォームを持ってきて、ユニフォームを着たカヨコーチと一緒に一人ずつ全員記念撮影をしました。

その後、バッティングとピッチングの指導を受け、最後に元ホワイトソックスで、イチロー選手を抑えた実績を持つカヨコーチが投げるボールを一人ずつ打席に立って打ちました。

最後に、昨日ジェイコブコーチ、カヨコーチとスリーショットで取った写真に、メッセージとサイン入りを入れて頂いた写真を頂きました。カヨコーチは、何度も、『メジャーを辞めて以降、最高の思い出になった。このことは一生忘れない。写真は自分のトロフィーに並べておく』と語っていて、本当に感激していました。

練習後は、イチロー選手が所属するマリナーズの試合を観戦しました。イチロー選手はいつも一番初めに打撃練習を行い、すぐにベンチ裏に行ってしまうようで、練習中にサインをもらうことはできませんでしたが、練習ボールをもらう選手や、持参した色紙にエンジェルスのピッチングコーチからサインをもらったりと貴重な体験をしました。

試合は、イチロー選手の活躍でマリナーズが3点を先取しましたが、2本のホームランなどで逆転され、エンジェルスが7-3で勝利しました。

さて、明日はいよいよ帰国日です。楽しかった野球留学は、本当にあっという間に過ぎてしまいました。日本の小学生、中学生の代表として、たくさんのアメリカ人に感動を与えてくれました。留学初日、成田空港に集まった時にはおとなしかった子供たちは、いまや大声と満面の笑みで騒ぎまくるまで打ち解けました。明日、日本に帰国し、離れ離れになるのがちょっと寂しいようです。
4

5

6

7

8

9