2013年と2014年の夏休みの短期留学ツアーに参加してくれた雄太君に、過去の留学体験を振り返ってもらいました!

雄太君・雄太君 (10)

「渡米以前の僕は、外国の文化や価値観に沿った生活ができるのかと不安でしたが、渡米して、現地での生活と野球を通してアメリカ人のみんなとコミュニケーションがとれた経験が強みとなり、自分の殻を破り切った感覚を味わえました。渡米後の最も大きな変化は、ダイバーシティに寛容になり、いかなる場所でも積極的に行動するようになったことです。」

「アメリカでの生活とBBCのプログラムは、現在の僕のパーソナリティとなった『積極的に様々な文化を学び、日常と異なる環境を楽しもうとする姿勢』を育んでくれた場所であり、人生の分岐点となったと感じています。この経験こそが自分の誇りとなり、現在も輝かしい記録として生き続けていると考えています。」

雄太君・雄太君 (25)

「最近は、地域の多文化共生に関心を持っています。大学に進学してからは、多文化社会の問題解決についてソーシャルビジネスという分野の観点から勉強していきたいと思っています!」

yuta1

夏休みロサンゼルス短期野球留学2019の詳しい内容はこちらのバナーをクリック⇓19夏LAバナー